author:aoto
2023.12.08

筆者はNIKEのエアフォース1が好きで、特にオールホワイトモデルは20年程前から基本こればかりをリピート買いしてずっと履いている。

クッション性に優れ履きやすく、服装問わず合わせやすいデザインなのもあって気に入っているのだが、唯一の難点が非常に汚れ易いという点。

かっこいいものの、履くのに物凄く気を使うオールホワイトレザースニーカー。

基本的に外出から帰ったらまず柔らかい布で拭いて手入れをするというのが日課になっており、何か手入れが楽になる負担軽減アイテムは無いものかと調べていた。

そこでFIGURE Care Club スニーカークリーナーを購入・使用してみたのだが、今回はこのスニーカークリーナーの使用レビュー記事を書いていきたいと思う。

汚れの除去能力

FIGURE Care Club スニーカークリーナーは、早い話がスニーカーの汚れ落としに特化した消しゴムだ。

余計な包装などは皆無で、箱を開ければすぐに使用する事が出来る。

素材別でレザー等にも使用出来る通常版とスエード素材向けの2種類が販売されており、今回は使用するエアフォース1のアッパー素材が天然皮革(レザー)なので、上の広告の通常版を購入・使用している。

汚れ落とし性能はまずまず

大事に履いているのでアッパーは汚れていないが、ミッドソールに目立っていた泥汚れが綺麗に落ちている。

ミッドソールの泥汚れに関しては、普通の消しゴム(砂消しが特にお勧め)や水で濡らしたメラミンスポンジでもこの位は落とす事が出来るので、正直FIGURE Care Club スニーカークリーナーだけのメリットや強みに乏しい。

強いて挙げるなら、メラミンスポンジは素材を選ぶ(合皮や天然皮革には使用しない方が良い)・あらかじめ水で濡らす必要があるが、FIGURE Care Club スニーカークリーナーは箱から出せばすぐに使えて素材も選ばないという点位か。

消しカスが大量に出る

汚れは綺麗に落ちていくが、それに比例して細かい消しカスが大量に出る。

ミッドソールを擦っていると写真の様に細かい消しカスが大量に出るので、下に新聞紙を敷くなど掃除がしやすい場所で使用しなければならない点も地味に面倒臭い。

コストパフォーマンス

FIGURE Care Club スニーカークリーナーは消耗品ということでコストパフォーマンスは重要視されると思うが、これがお世辞にも優秀とは言えない。

1つ990円(約1,000円)と消しゴムとして見ると高額で、上記の通りより安価なメラミンスポンジ等と比較した際のメリットや独自性に乏しいのもあって余計割高に感じる。

総括

砂消しやメラミンスポンジの相性が悪い素材のスニーカーに対して使えるというのは強みだとは思うが、公式宣伝文で言う程軽い力で簡単には汚れは落ちない。

さっと取り出せて何処でもすぐに使用出来る携帯性も、細かい消しカスが大量に出るので使用場所は限定される。

結局は玄関に置いておいて帰宅時に使用するといった形になるので、高い携帯性を活かす事が難しい。

洗剤や水が要らないのも確かにお手軽だが、消しゴムという形状上ミッドソールの凹みなどの細かい所の汚れ落としには向かず、結局ブラシと洗剤を用意して掃除をする事になる。

この様な奥まった凹みの汚れ落としは細かくカットするなど工夫が必要。

これで1つ990円を高いと見るか?安いと見るか?という話だが、正直筆者は高いと思うしリピートもしないと思う。