モバイル版MTGアリーナ プレイレビュー

この間仕事用に第4世代のiPadAir(256G)とコスパ重視のiPad8(32G)を購入した管理人。

タブレット購入に伴って、これまでスマホ版の小さい画面でプレイしていたMTGアリーナもiPadの方にインストール・メインプレイ端末にしましたので、今回はiPadでプレイしたiOS版のMTGアリーナのプレイレビューを記事にしたいと思います。

MTGアリーナ(公式)

タブレットとスマホ版どちらがオススメ?

最初に断言しておきますが、MTGアリーナを最も快適に遊べる環境はPCです。

これは画面サイズ・実装されている機能(主にショートカットコマンド)から言い切れる事なのですが、それじゃあ既にPC版でやっている場合はiPadやAndroidタブレットでプレイする価値は無いのか?と言われればそうではありません。

携帯性と操作性のバランスが良い

iPadの液晶サイズ(約10インチ)は携帯性とプレイ操作性のバランスが良く、MTGカードのながーいフレーバーテキストもプレイ中にしっかり読む事が出来ます。

PC版とアカウントも共有出来るので、大会やイベントや雑誌やSNS等出先で見たデッキをすぐにiPadでインポート・自宅に帰ってインポートしておいたデッキを用いてPC版で対戦するといった使い方も出来ます。

タブレット版(iOS版)の価値はこの点に集約されているといって良く、この点だけでもタブレットにMTGアリーナを入れる価値はあると思いますね。

初心者に厳しい印象

プレイしていてすごく感じる事なのですが、TCGの始祖的存在なのもあってか初心者・新規ユーザー開拓を捨てている感がありますね。

あらゆる要素が知っていて当然と言わんばかりの不親切さです。

まず初期配布が非常に少ない上にカードの入手方法(デイリークエストをこなしてゴールドをためる)が初心者にわかりにくい。割とマジではじめたばっかりだけどパックも無いの?初期デッキは?となる初心者の人は多いと思います。

MTGアリーナの様なDCG(デジタルカードゲーム)は本来販路拡大の為・ユーザーの新規開拓を目的としてリリースされるべきなのですが、MTGアリーナに関しては完全に上級者・知っている人同士で対戦を楽しむ閉鎖的な場という感じがします。

後、これは新規にMTGアリーナを始める人に向けたアドバイスですが、「カードが揃うまではランクは上げない」方が良いです。

管理人も過去のデータを消して最初からやり直していますが、カードが揃わない状態でヘタにランクを上げてしまうとカードが揃っている上級者にまず勝てない状態に陥ります。

上位はプロや大会上位入賞者のデッキをコピーしている人が殆どなので、最低でもメタデッキ(対策デッキ)が組める・対策が出来ていなければ話になりません。

資産差だけはどうしようも無いので、ある程度まとまった課金をしてカードパックを集めるか、地道にデイリーをこなして少しずつカードを集めていくしかありません。

正直、この部分で萎えてヤメてしまう人は多いと思います。

コード入力部分も不親切

コードを入力するとカードパックが貰える(プロモコード)機能もありますが、入力枠がPC版のみ(スマホ版・タブレット版はWEBからの入力になる)と結構不親切です。

画像のストア画面の赤枠(右上)にコードを入力すればカードパック等色々貰えるのですが、これこそ新規ユーザーの人に知らせないと駄目な機能だろうと。

コードはマジギャザ徹底攻略さんにまとめてあるので、新規ユーザーの人はPC版かWEBからコードを入力してカードパックをたくさん貰って始めましょう。

バグの多さ・容量の大きさも難点

容量が大きい・要求スペックがDCGの中では高い所からも明確な通り、中途半端なスペックのタブレットでプレイするとサーバー負荷による処理落ちや強制終了が結構な頻度で起こります。

バグに関しては大なり小なり結構な頻度でありますが、致命的なのは相手に攻撃出来なくなるバグ操作不能バグ辺りでしょうか。

ゲーム自体は面白いですし大画面ならプレイもし易いのですが、ライトユーザーをカラーマッチまで誘導する導線の確保・バグの修正は急務だと思います。

MTGアリーナ(公式)

(C)2021 Wizards of the Coast LLC, a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.

カテゴリー新着記事