2021.01.25 逆転オセロニア

ヨシノでがんばるオセロニア:対戦プレイバック#7

リベンジデッキを一段落させてヨシノデッキに戻って対戦を繰り返しているオセロニアですが、リベンジデッキはもう少し駒が増えたら化けそうなポテンシャルは感じます。

Mildom配信ルーム

リベンジデッキは相性が露骨な部分(ダメージソースが相手依存)・対策を盛り込む余裕が無い部分というのが弱い部分なので、これが駒追加によって緩和してリベンジデッキ自体の幅が広がればまた違ってくるんじゃないかと。

読み合い自体は面白いですし、弱い弱いと言われつつもルシファー吸収デッキの様に極端な不利が付くデッキ以外なら普通に倒せるパワーもありますので、長い目で見て駒を集めてデッキを考えていこうと思います。

ヨシノでがんばる逆転オセロニアPart7

さて、前フリはこの位で今回のオセロニア対戦プレイバックに移りたいと思いますが、今回は展開が面白かった試合が多かった印象です。

オセロニア特有の細かい読み合いも多いですし、総集編には加えていませんがマイナーな駒を入れた納涼メフィスト(アレは本当に面食らいました)の人とも当たったりして面白かったです。

対カンヤ戦(00:00:04~)

デッキ相性的にはヨシノデッキが不利な呪いデッキなのですが、グノーが序盤から引けて相手の夜行のコンボスキルを序盤に潰せたのが大きいです。

夜行は回避スキル持ちでひっくり返す事が出来ない(逃げる場所が無い場合はひっくり返せます)・コンボスキルは優秀な吸収スキルなので序盤から打ちたい駒ですが、グノーやアヌビスといったコンボスキルを封じる事が出来る駒が対策となり易い駒でもあります。

管理人のデッキだと他に吸収対策用のリリートゥも入っているので、グノーかリリートゥのどちらかが決まるだけでも夜行やルシファー吸収デッキの相手は大分楽になります。

対蘭陵王戦(00:03:03~)

展開的に非常に珍しいリーサルとなったので総集編に加えた蘭陵王戦です。

5:30からの一連の読み合いがそのままリーサルに繋がっているのですが、B駒単品のカウンターダメージで1万オーバーはかなり珍しいと思います。コンボスキルで強化されているのもありますが、やっぱりゼルエルは火力エグいですね…。

対納涼メフィスト戦(00:6:35~)

この最後の局面、管理人はイヴェットを打って納涼メフィストのコンボスキル起点を潰しつつ、罠を警戒させて他に打たせようと思っていました。ただ、これは相手にコンボスキル起点を提供する事になる・自分のHPもリーサル圏内という事で割とリスキーな賭けです。

結果的に相手は管理人が作ったカリシャ起点でコンボスキルを狙うのですが、(おそらく)残HP依存のダメージ計算をミスして逆にカウンターダメージでリーサルになってしまいます。

この一連のオセロニア特有の読み合いがスリリングで面白かったので総集編に加えました。

対蘭陵王戦(00:9:40~)

蘭陵王戦でやりたい事が大体出来た試合ですが、絶対数が多い・嫌でも数をこなせるデッキなのもあって一本釣りタイミングにも大分慣れてきました。

ヴィクトリアやジークといったフィニッシャー駒も警戒していますが、今だとフィニッシャーにフルチャージアポロンを使う人も多いです。

配信外で当たった人がちょいちょい蘭陵王デッキにアポロンを入れていたのですが、あれは早い段階で引いてチャージしておかなければならないので運要素が絡むものの、普通チャージ時間稼ぎにリーダーにする事が当たり前の駒なので相手に全く警戒されない強みがあります。

こっそりチャージしておいて終盤に出すとコンボスキルに依存せず高いダメージを叩き出せる・対策する事が出来ないので非常に強力です。

対ガブリエル戦(00:14:15~)

苦手・嫌いな人が多い印象のガブリエル戦ですが、管理人は割と好きです。

ガブリエルデッキは俗に囁きデッキと言われる通常攻撃を70%にする防御駒の召喚を軸にしたデッキなのですが、このスキル仕様上盤面を広く専有しようとする人が多い印象です。

今回の相手の人もまさにそのタイプだったので、終盤ひっくり返す事が出来ない手詰まりに持っていく誘い打ちをしました。

最終的に上辺の一箇所しか打つ事が出来ない・そこに打つと次ターンひっくり返す駒が無いのでパスしなければならない状況(手遅れ)になってリーサルです。

ヨシノデッキは特殊ダメージと罠がダメージソースなのでぶっちゃけ防御駒は大した影響はありません。配信でも述べている通りアタッカーが引けるか勝負なので、要所要所ダメージを取ってライフアドバンレージが取れていれば盤面なんてくれてやればいいのです。

総括

良く出来ていると思うのはガブリエルの神囁きデッキですね。

コンセプトが良く考えて設計されているのもありますが、内部スキル(バフ等)を調整して環境に合わせる柔軟さもあってプレイングも面白い良デッキだと思います。

相手をする場合、ガブリエルの召喚は結構皆さん躍起になってひっくり返そうとするのですが、視点を変えて手詰まりやそれに近い状態に持っていく方が楽だったりします。

ガブリエルは火力を出そうと思うとバフは必須なのですが、裏を返せばバフがなければ大した火力は持っていませんので逃げ打ちは簡単です。

Mildom配信ルーム

カテゴリー新着記事