2021.02.04 逆転オセロニア

ヨシノでがんばるオセロニア:リベンジデッキ地獄変相図#11

昨日の配信中にヨシノデッキで対戦した人がたまたまリベンジデッキを使っており、管理人も久々に面白いリベンジデッキで神殴りや代償デッキと戦おうとしたのですが、なぜか初戦で当たったのが回復耐久デッキという不運に見舞われました。

この世の地獄です。

Mildom配信ルーム

ヨシノでがんばる逆転オセロニアPart11

回復耐久デッキで当たったリスナーの人の暗黒デッキとも対戦していますが、やはりリベンジデッキは相当茨の道だなと。代償デッキとやるのは楽しいんですが、不利デッキ・まず勝てない9:1ダイヤの組み合わせが多すぎる感があります。

リベンジデッキ解説の補足

リスナーの人との暗黒デッキ戦後にリベンジデッキの駒解説を行っていますが、こちらでもちょっと情報を補足していきたいと思います。

1:吸収駒は必須

配信内のリベンジデッキ解説部分でも述べていますが、リベンジデッキで勝つ為には吸収スキル持ちの駒は必須です。元々攻撃を受ける前提のデッキというのもありますが、打点が出せないデッキへの対策という意味合い(実際にリスナーの人との対戦ではラドラが決め手に)もありますね。

扱い易いのは純粋に吸収量が多い上に無条件のラドラと、ストラクチャー(スペシャルパック)から確定入手可能なオルプネーの2体です。

2:ストラクチャー購入は必須級

こちらも配信内で述べていますが、リベンジデッキ用のストラクチャーで手に入るリベンジスキル持ちは6体のみ(S1体・A3体・B2体)なので、ストラクチャーを購入しただけではリベンジデッキを組む事が出来ません。

ストラクチャーの価値はリベンジデッキリーダー駒のハッキュウイーが確定入手出来るという部分にあり、他に手に入るA駒も扱い易い罠駒のホウイチ・B駒ながら優秀な魔紋スキルを持っているあずきあらいとリベンジデッキに必須級の駒が揃います。

ストラクチャーを購入しない場合のリーダー駒は配布駒の幽輝(闘化)になりますが、リベンジスキル持ちを10体集めるというスキル発動条件上ストラクチャーの購入は必須と言ってしまっても良いでしょう。

総括

配信内でも散々言っていますが、リベンジデッキは相性が露骨に出ます。

リベンジデッキは特性上駒の殆どが罠駒になるのですが、通常攻撃・特殊ダメージの両方を返せる駒というのがホウイチ程度です。殆どが特殊ダメージトリガーの罠駒なので、デネヴデッキの様な特殊ダメージに依存しないデッキ相手だと駒そのものが腐ります。

攻撃力が相手デッキ依存になるので、回復耐久デッキやルシファー吸収デッキの様なデッキ相手には10:0に近い9:1位のダイヤグラムになります。

相手が相当馬鹿をやらない限りまず勝てません。

代償デッキの様な特殊ダメージ依存のデッキと殴り合いをするのはかなりスリリングで面白いデッキなのですが、火力が出せない(リベンジ出来ない)デッキ相手には尽く不利がつきます。趣味でやるには面白いのですが、それ以上にはいけないデッキだと思いますね。

Mildom配信ルーム

カテゴリー新着記事