2021.09.04 D2メガテン

思念4ヴィシュヌの解説・使用感レビュー

現在開催中の攻殻機動隊コラボのチャレンジクエスト1・2の攻略を行ったのですが、折角なのでこの間シコシコ悪魔合体で作った思念4ヴィシュヌの使用感レビューも同時に行いました。

思念4ヴィシュヌ解説動画

動画の補足

動画でも解説していますが、記事の方では動画の補足を記載していこうと思います。

思念効果でステータスが増強される・アヴァターラのスキルレベルで魔ステータスがアップするので、思念4ともなるとステータス自体は結構高くなります。

速ステータスが残念

新思念効果の後攻時プレスターンアイコン減少効果(威圧の構え)を活かそうと思うと、速ステータスが中途半端で下の取り合いに弱い感じは否めません。

別の動画でも述べていますが、D2のバトルスピードはパーティー悪魔の速の平均値で算出されますので、1体でも速い・遅い悪魔が居ると思いっきり足を引っ張られます。

管理人は苦肉の策で「不動の権化」を継承させていますが、モイライ三姉妹パーティーの様な後攻特化パーティーには中途半端さから下を取られてしまう事も多々ありますね。

基本スキルを変えて欲しい

これも動画内で述べていますが、ヴィシュヌは実装当時から基本スキルに関しては微妙です。というか、★5悪魔のスキル構成ではありません。

「ブフダイン」・「天罰」に時代を感じてしまうのですが、変更のきかない基本スキルが2枠潰れているというのはかなり痛いです。

固有スキルのアヴァターラに関しても、デビルバスター極のラーマ戦(不屈の闘志・食いしばりによる介護は必要ですが)以降活躍はありません。

総括

強いのはターン毎の万能属性ダメージで、純粋に総火力が底上げしつつ食いしばり対策も兼ねる事が出来ます。

効果的にはパレスの「貧者の号哭」と似ていますが、発動に条件が無い・割合ダメージでもなく上限も無いといった違いがあります。

攻撃スキルの選択肢が実質的に荒神の「メギドラオン」のみなのもありますが、上記の通り速が中途半端で下の取り合いに弱いのもあって中途半端さばかりが目に付くという感じでしょうか。

カテゴリー新着記事